相続対策はじめの一歩③

 前回②の記事では、相続人の範囲について述べました。

家系図

 では、各相続人は相続する財産のうち、どのような割合で受け取ることができるのでしょうか。
この各人が相続できる割合のことを『相続分』と表現され、さらに「指定相続分」と「法定相続分」が存在します。「指定相続分」とは、簡単に言えば遺言で各相続人の相続割合を定めることを指します。「法定相続分」は法定の言葉が示すとおり、民法により規定された相続割合のことです。

 ここでは「法定相続分」の割合はどのような割合なのかを書いてみたいと思います。
このページでは、『直系卑属』という言葉が出てきますが、この言葉が意味する事は、自分より前にさかのぼる世代の父母、祖父母、曾祖父母などを指します。

〇夫婦二人で子供がなく、相続人が配偶者のみの場合
夫婦
配偶者の相続分は10割となり全ての財産を相続します。

〇配偶者と子・直系卑属・父兄姉妹の場合
この構成に該当する場合は、相続人の構成により優先順位があります。
家族
 ①第一順位(一番に優先)配偶者と子がいる場合
 これに該当する場合は、配偶者が2分の1子全員で2分の1となります。
 ※子供が一人であればその子は2ぶん1となります。
  子供が二人であれば、子一人の相続分は4分の1です。
  子供が三人であれば、子一人の相続分は6分の1となります。

直系卑属
 ②第二順位(①の構成出ない場合、次に優先)配偶者と直系卑属子がない場合)
 この構成に該当する場合、配偶者が3分の2、直系卑属全員で3分の1
 ※配偶者と子がなく、父母の場合は、配偶者3分の2、父6分の1、母6分の1

姉妹
 ③第三順位(①②の構成でない場合)配偶者と被相続人の父兄姉妹(子がなく、父母もいない場合)
 この構成に該当場合は、配偶者が4分の3、父兄姉妹全員で4分の1
 ※配偶者と子、父母がなく、被相続人の兄と姉の場合は、配偶者が4分の3、兄が8分の1、姉が8分の1
 ただし、第一順位において、子は死亡していても孫がいる場合は、孫は代わりに同じ割合で相続を受けることができます。第3順位において、父兄姉妹が亡くなっていてもその子がいる場合は、父兄姉妹の相続分と同じ割合の相続を受けることができます。このように代わりに相続を受けることを『代襲相続』と言います。

〇配偶者がいない場合
 配偶者がなく、子がいる場合
  子供全員で10割
  ※子供が一人の場合10割、子供が二人の場合は子一人は2分の1、子供が三人の場合は子一人は3分の1
 配偶者がなく、子もなく、直系卑属がいる場合
  直系卑属全員で10割
  ※父だけの場合10割、母だけの場合10割、父母がいる場合は父2分の1、母2分の1
 配偶者がなく、子がなく、直系卑属がなく、父兄姉妹がいる場合
  父兄姉妹全員で10割
  ※父兄姉妹が一人だけの場合10割、兄姉の様に父兄姉妹が二人の場合兄2分の1、姉2分の1というように兄弟の人数で均等配分

 相続分について現在では、婚姻関係にある男女から生まれた「嫡出子」も、婚姻関係がない男女から生まれた「非嫡出子」も相続分は同等に認められています

相続対策④へ続く
相続対策②<<

免責事項

サイト免責事項に加え、各記事は慎重に正確な情報の記述に努めておりますが、情報の品質についてはいかなる保証も行っておりません。
記事内容の欠陥及びそれに起因することで発生した損失や損害については一切責任を負いません。

無料メルマガ登録

メルマガ
人生100年時代にゆとりある生活をおくるため
の資産構築
その為に必要な事を丁寧に解説するメールマガ
ジンです。
ハイリターンをめざさず、中期的に年に
7%~10%を目指す為にはどうしたら良いのか
を発信して行きます。