年金繰り上げ・繰り下げ受給

 公的年金の受給開始は原則65歳からです。
しかし、受給を前後5年以内の範囲で「早める」ことと、「遅らせる」ことができます。
これを年金の繰上げ受給(受給開始を早める)、繰下げ受給(受給開始を遅らせる)といいます。

 繰上げ受給は60歳から64歳の間の任意の月に受給開始を早めることができます。
同じく繰下げ受給は66歳から70歳の間の任意の月に受給開始を遅らせることができます。
 定年後に65歳の年金受給開始日まで生活費にまわすことができる余裕資金がない方や、早期退職で受給開始日まで無給の期間が長い方は、繰上げ受給を選択することで余裕のある生活をおくることができます。
逆に定年後再雇用で65歳を過ぎても働け、現役時代の7割くらいの収入を確保できるかたは、再雇用が切れる時期まで繰下げ受給で年金を遅らせることも選択肢となります。

 この制度、年金の受給額が同じで早めたり遅らせたりすることが出来てしまっては、不公平が生じ制度が成り立ちません。そこで繰下げ受給をしたときは、生涯において年金の受給月額が下がります。
逆に繰上げ受給をした方は、生涯の年金の受給月額が高くなります。

 では、どのくらい「繰上げ受給」で年金額が減って、「繰下げ受給」で年金額が増えるのでしょうか。
繰上げ受給では、繰り上げた月数×0.5%が65歳から受給する年金額より減額されます。
 よって、最大に早めて60歳から受給すれば、65歳から受給する場合に比べて、生涯の月額年金額は30%減額されます。
 同じく繰下げ受給では、70歳から受給開始すれば、繰り下げた月数×0.7%が65歳から受給する場合に比べて、生涯の月額年金額は42%増額され1.42倍となりまます。70歳まで十分な収入がある方には、お勧めの選択です。

 60歳に繰り上げ受給の場合の損益分岐年齢は、76.5歳が分岐となり、それ以上生存されると繰上げ受給しない方が生涯受給できる年金は多くなります。
 70歳に繰り下げ受給できる場合の損益分岐年齢は、81.3歳が分岐となり、それ以上生存されると繰下げ受給を選択した方が生涯年金額は多くなります。
 60歳〜64歳まで生活費に余裕があるのであれば、男性は65歳受給、女性は状況に応じた繰下げ受給も良いのではないかと考えています。

免責事項

サイト免責事項に加え、各記事は慎重に正確な情報の記述に努めておりますが、情報の品質についてはいかなる保証も行っておりません。
記事内容の欠陥及びそれに起因することで発生した損失や損害については一切責任を負いません。

無料メルマガ登録

メルマガ
人生100年時代にゆとりある生活をおくるため
の資産構築
その為に必要な事を丁寧に解説するメールマガ
ジンです。
ハイリターンをめざさず、中期的に年に
7%~10%を目指す為にはどうしたら良いのか
を発信して行きます。

前の記事

中古住宅

次の記事

相関